いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

思い出のマーニー

【概略】
幼い頃に両親を亡くし、あることがきっかけで心を閉ざしてしまった12歳の少女が、療養のために訪れた海辺の村で経験するひと夏の不思議な出会いを描く。
アニメーション


.0★★★★☆
ジブリなんだけど、あまりジブリを意識してみないほうがいいかも。
私は「外側の人間」と、自ら心閉ざした少女。この気持ちは凄く理解出来るなあ。私も好き好んで一人じゃないし、誰か側に居て、苦悩や葛藤を打ち明けられたら…たわいもないお話をして盛り上がれたら…そんな風に憧れの目で見てしまう、けれど、出来ない自分が腹立たしくて、自分で自分が一番嫌い。自らそういうちょっと勇気だせばいいことにも目を瞑ってしまって、離れていく。そしてまた自己嫌悪。
謎の少女マーニーは、そんな主人公・杏奈に「あなたのことが大すき」と言います。
自分を肯定し理解してくれるマーニーに好感をもった杏奈は、一緒に不思議な体験をする。でも、杏奈はマーニーには心を開いても、他の人には開かないのです。市からお金をもらっている自分…親戚に引き取られている自分…その全てを嫌悪して。自分がもう嫌で嫌で…杏奈が自分への悔しさで涙を流すシーンは自分の事のようで胸が痛かった。
マーニーは実は杏奈の祖母だった。彼女も複雑な家庭に育っておりけっして幸せな人生を歩んだ訳じゃなかった。ただ、日記ではその後マーニーは幼馴染と結婚し娘を産んだが、病気で最愛の夫を亡くし、自身も病気で娘を寄宿舎に預けざる得なくなった。その娘との関係は良好とは言えなかった。そんな中娘に子供が誕生…それが杏奈だった。杏奈の両親は交通事故で不慮の死を遂げ、杏奈を引き取るも1年後にマーニーも亡くなってしまったので、杏奈は今の親戚のおばさんに引き取られる事になったのだ。
なぜ、杏奈に市からお金が支払われているのかはここでわかるのですが、遺族年金だったのですね。でも、子供にはそんな難しい事はわからないので、そんな特別な境遇の自分に卑屈になってしまっていたのでしょう。
そしてマーニーが伝えてくれていたこと、それは、愛してる事、愛されてる事、それを伝えてくれていたのですね。
それがわかった瞬間(写真の裏の文字)でジワァとなりました。「アリエッティ」は設定は面白いもののいまひとつピンと来なかったのですが、こちらの作品は共感性も高く、儚く美しい世界観がとっても良かったです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。