いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

小野寺の弟・小野寺の姉

【概略】
小野寺進と姉のより子は早くに両親を亡くして以来、ふたりで一軒家に住んでいる。そんな小野寺家にある日、誤配達の郵便が届き…。
ドラマ


.5★★★☆☆
両親を早くに亡くしてから、離れることなく2人で一つ屋根の下で暮らしている、40歳と33歳の小野寺姉弟。過去の失恋から恋愛に臆病になってしまった弟・進、こだわりが人一倍ある上に生命力が異常に強い姉・より子と、クセのある姉弟だったがほどよい距離を保ちながら共同生活を送っていた。そんな中、彼らのもとに一通の郵便が誤配達されてくる。その手紙をきっかけに、姉弟の恋と人生が思わぬ方向へと転がりだしていく。
いやぁ、いつもの片桐はいりさんなんですが、なんて可愛らしくていじらしいんだろう。弟である進も優しい。姉弟愛を描いた作品で、特別な事は起こらないんですが、まったり&ほっこりした作品で、あたたかい気持ちになれました。
ただ、あまりに互いのことを思いやりすぎるてらいがあって、弟のために歯を直さないとか、育ててくれた姉への思いとか、ピュアなんですよねー。昔、嫉妬した弟がしでかした自転車事故で、まず弟の無事を確かめる姉の姿を自分とも重ねちゃったりして。正直弟よりも姉の恋のほうを応援したくなりました。でも現実は厳しいですよね…。
私も姉で年の離れた(8歳下)弟がいるのでわかりますが、可愛いんですよね。子供の頃は友達と遊ぶよりも面倒見るのが楽しかったし嬉しかったし、立派に成人した今でもやっぱり可愛い存在です。だからか、姉が弟を気遣うシーンとか、共感と言うよりは親近感が沸いちゃったのは確かですね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。