いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

クライング・ドール

【概略】
ある誘拐事件を捜査していた警部補、キャロル・ジョーダンの元に1通の封筒が届く。それは凄惨な猟奇殺人事件の幕開けだった。
サスペンス


.0★★☆☆☆
ワイヤー・イン・ザ・ブラッドの第2シリーズ1作目。
ほら、病棟でトニーに執着していた患者マギーがようやくトニーに心を開いて死体を生めた場所を案内しようとする過去の事件の部分と、メインの事件と両方すすんでいきます。
トニーが教えている学生ローラが前面にでてきましたが、そのせいでトニーはレイプで告訴されてしまいます。…がそれすらもプロファイリングの閃きになっちゃうんだよね(笑)
メインの二人が人嫌いというかワーカーホリックというかとにかく人とは常に一定の距離をおくタイプなのですが、そんな2人の微妙な距離感が好きなんだけど、意外とトニーはモテるのよね…(私もロブソンさんのトニー大好きです)。
メイン部分の事件では、犯行を人形に模させておいていくという異常性を思わせておいて、事件自体は単純だったのが残念。
キャロルとトニー、今回でもトイレ前で座り込むキャロルに寄り添うトニーなど、普通の男女コンビものより近い距離(ほんとに顔の距離が近い)なのが気になります…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。