いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

クリスチーナの館

【概略】
父と弟と一軒家に暮らすクリスチーナ。しかしその家ではいつも不審な物音がし、「家には私たち以外に誰かいるのではないか?」という疑いを持つが、誰にも信じてもらえない。精神を病んで入院中の母の血が自分にも流れていることに彼女は次第に不安感を持つようになる。しかしクリスチーナの家の周辺では、変死体が発見されたり級友が行方不明になったりと怪しい事件が相次ぐ…。
スリラー


.0★★★☆☆
ああ、こういうの好きです。いかにもなB級。逆に落ち着いちゃうくらい。
直接的な犯人(といっていいのかな?)も、伏線もなにもバレバレですぐわかるんですが、結局お母さんのところは狂っているからですべて解決にされちゃうんでしょうか^;
安っぽいホラーテイストに学園風景、一応登場人物みなが怪しい動きと、この昔風サスペンスの懐かしさはたまりませんね。
強化ガラス(かな?)になって脱出できないってことになってるんですが、弟が適当に放り投げたとんかちが窓をやぶって外へ…ってそんなばかな(笑)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。