いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

グリフィン家のウェディングノート

【概略】
次男の結婚式に10年ぶりにファミリーが集まったグリフィン家は、がさつで破天荒な芸術家パパの影響で、とってもオープンだけど、その関係はかなり複雑。そんな彼らが、結婚式の間だけ完璧な家族を演じたとき、オープンなはずのグリフィン家の面々が、まだ隠し持っていた秘密が次々と明らかに!果たしてグリフィン家のカンペキな家族計画通りに、結婚式は無礼講で収まるのか!?
ドラマ


.0★★★☆☆
しっちゃかめっちゃかで下ネタのオンパレードの本作。
もうさ、最初から言ってしまえばいいのに、下手に小細工するからこうなるんですよ。「結婚して両家が家族になる」って結婚式だけのことじゃないでしょう。いくら産みの母親が価値観が全然違う国からくるとはいっても。
まあそのことでドタバタになるのですが、途中からどうでも良くなる感じでしたね。
そして一番賢く常識的だったのはアレの母親。家族のためにつく嘘もある。
あくまで1つの家族の話であまり深みを感じない作品でした。88分と短いので気楽にみれます(下ネタはあるけど)。
エンディング曲の1つがマイケル・ブーブレさんでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。