いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

グレイヴ・エンカウンターズ

【概略】
廃墟と化した精神病院を訪れた調査隊クルー。実は超常現象など信じない彼らだったが、本物としか思えない超常現象に次々襲われていき…。
ホラー


.0★★★☆☆
廃墟の精神病院内でのPOV式モキュメンタリー・ホラー。
ある録画ビデオが届いたというこの手のモキュメンタリーでは定番のスタイルで描かれていますが、TV番組「グレイヴ・エンカウンターズ」が面白くするためだったら平気で嘘をつくインチキ番組という設定で、もちろん霊能力者も役者、やらせ演出でカメラを回すという悪どいやり方。しかし今回は違った、いつもどおり視聴者を怖がらせる映像を撮るための演出をしようと、軽い気持ちでカメラを手に病院内部に入ったが…。
実際の廃墟を使用したらしいので、そういう意味でのひたひたするような不気味さはありましたね~。
序盤の、フリードキンによる患者への違法な脳手術や風呂場の少女などの伏線も後半にきちっとはまりました。
入り口を開けたら無限回廊というのは絶望感が漂います。天井の腕もなかなか良かったな。「何が望みだ」のテープレコーダーに入ってるクスクスと笑いあう声が不気味!下手に「お前だ」とか入ってるよりね。
「怖すぎると評判」だったらしいのですが、正直そこまであまり怖くはなかったのですが、緊張感は持続しましたねー。元精神科病院という設定を生かしてあるのも良かったと思う。ただ、このジャケ画像にあるお化けの例の叫び顔は予告編を見てたので全くもってドッキリしませんでしたが。
でも同じ系統の「パラノーマル~」シリーズよりかは何倍も面白かったかな。でもどうやってカメラ回収したんだ(笑)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。