いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

最強ゾンビ・ハンター

【概略】
人類の大半が人肉を求める生きる屍と化した世界で、大量のゾンビや狂気のチェーンソー男がハンターに容赦なく襲い掛かる。
ホラー


.0★★★☆☆
なんだ、ダニー・トレホさんが主人公じゃないんですね、じゃあさっさと死ぬだろ、これ。…そう思ってたら見事に散りやがりました(笑)男らしい(呆気ない)散り際という爆笑シーン、笑いどころはこのあたりまで。

基本的にどこかでみたなあというシーンや設定が目白押しで真新しさが全くない。映画を観たら、多分制作スタッフの嗜好がわかりますよ。それらを全部ぐちゃぐちゃに混ぜ込んで作ったらこうなったんだろうねー。
ピンクのゲロを冒頭から吐き散らすTVアナウンサーとか、血飛沫がカメラにうつったりと演出を凝らそうとしている努力は認めますが、そうたいした演出でもないというのが結論。
特殊メイクは結構いい出来だし殺され方もなかなかだったりするんだけど、敵キャラなんかはどう見てもバイオハザードをパクったようなやつで、それもう飽きたよ!感が。
人類の大半がゾンビ化した世界。ゾンビのいない楽園を目指して空軍基地に置いてあったヘリで無人島へと向かおうとする一行に出会うハンター。
町に寄ったときみたなにかで皆ゲロ吐きまくりなんですが、何を見たのかのほうが気になるわ!
安っぽさをむしろ売りとしている作品で、嫌いではないです。しかし雑な展開でしたね~。
「神父の格好をしたダニー・トレホ氏が、斧をぶん回してゾンビらを蹴散らす」映画だったら頭空っぽで楽しいのになあ。