いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

最後のマイ・ウェイ

【概略】
フランク・シナトラの名曲「マイ・ウェイ」を作った男、クロード・フランソワ。フランスのスーパースターにして200を超える作詞、作曲をし、生涯に6700万枚のレコードを売り上げ、現在も記録更新中。時代を先取りしたマーケティングのプロである彼は、フランスのテレビで初めて黒人・白人の混成女性ダンスユニットを演出するなど奇抜なアイデアを次々と出していき、ファンを魅了していた。今日なお、フランスの音楽界にこれほど多様な才能をもつ人物は現れていない。しかし彼は、アメリカデビューが決定した1978年、39歳でこの世を去ることになる。知られざる栄光が今、明かされる。
ドラマ


.0★★★☆☆
フランク・シナトラの名曲「マイ・ウェイ」を作った男。彼の名はクロード・フランソワ。
原曲は彼の歌(なんとアイドル・ポップス)だったんですねえ!シナトラの名曲とばかり思ってたから、初めて知りました。ちなみにシナトラのこの曲は、私のiPodに入ってますが、いい曲でいい声ですよね~。
フランスの音楽界ってなんとなくポップスのイメージがないから、いい意味で裏切られました。いたんですねえ、こんな国民的なエンターテイナーが。しかし傲慢で女好きと、その性格は決していい奴とはいいきれなかった。でも国民には愛されていた。
幾人もの女性の間を愛し別れていたのは、本当の愛を求めていたからなのかもしれません。その対象は、とても厳格でプライドの高かった父親。息子が歌手になるなど到底認めてくれなかった父。彼が本当に求めていたものは父親からの愛や誉められる事だったのかもしれません。
演じたジェレミー・レニエさんは、実際のクロード・フランソワにどこか似ている。役作りに徹したのでしょうね~。老けちゃったブノワ・マジメルさんが、マネージャー役。
短いながらも色濃い人生を歩んだクロードの最期がこうだったとはまさか思いませんでした。39歳、若いですね…。
中盤の「あのシナトラが…僕の曲を歌っているんだよ」のシーンが良かったですね。憧れの人が自分の曲を歌っている、この感動を一番伝えたかったのは父親だったのでしょうね。