いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ザ・ウォーカー

【概略】
大規模な戦争により、文明が崩壊した世界。誰が名づけたか“ウォーカー”と呼ばれるその男は、30年間、世界でたった1冊だけ残る“本”を運び、< 西>へと旅を続けている。本を守るため、行く手を阻む敵は容赦なく殺す。彼の目的地はどこなのか?その本には何が記されているのか?
アクション


.0★★☆☆☆
ジャケットのイメージだと世界観がマッドマックス2・北斗の拳なんですけど、意外とそうでもなかった…てのが第一印象。主人公が西へ西へと運ぶ「本」の内容は、まあ聖書だろうなぁと観る前からすぐわかりますが、作品の中でも随所で語られるのですぐに判明します、やっぱりでした。ただ単なる聖書ではありませんでしたが…。
主役はデンゼル・ワシントンさん、やはりどっしりとした安定感のある方ですね。悪役にゲイリー・オールドマンさん。

人とのふれあいから、聖書に書かれてあることを理解していくくだりは良かったですね。実はイーライ自身にも謎があって、それがわかるのは後半、やはり神に選ばれた男なのかもしれませんね。理由がわかればアクションのなるべく動かない所や目線なんかの理由もわかります。宗教観は日本人なので伝わりにくいものの、悪役カーネギーの聖書を使った統率というのはわかる気がしないでもないです。
30年間という深い重みがでているアクションもなかなか良かったです。導きを信じて歩き続けるイーライ、そして彼が信じている歩む道に興味を持ったソラーラ。
印象に残ってるのが入り口ストンの人肉食いの老夫婦。人肉を食べると手が震えるそうです、だから町でも「手をみせろ」と聞かれるんだね。でもこの2人に関しては、年齢じゃないの?