いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

さくらん

【概略】
吉原遊郭「玉菊屋」に売られて来た8歳の少女、きよ葉。逃亡を試みるが即座に捕まってしまう。店番の清次は咲かないと言われた吉原の桜が「もし咲いたら」ここを出してやるという。トップ花魁・粧ひの挑発に乗せられ吉原一の花魁になる決意を固めたきよ葉は花魁街道まっしぐらに人気遊女への道を駆け上がっていく。
ドラマ


.0★★★☆☆
色彩はほんとうに美しいです。吉原大門の金魚やふすまに描かれた花びらなど、とっても可愛くて綺麗。時代考証は完全無視でオリジナルな異世界遊郭をつくりあげてます。じめっとした女の世界をカラッとした空気で描かれているのが印象的。
…とはいえ原作漫画のきよ葉を演じるには土屋アンナが(似ている)ってのはわかるのですが…演技だけでみると完全に最初にしかでてこない菅野美穂に負けてる。ラストまで観終わっても、印象に残らない。あれじゃ単なる娼婦だよなあ…と思いつつもこれはこれでいいのかもとも。菅野美穂が綺麗だった。