いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ザ・セル2

【概略】
連続殺人犯の捜査に立ち上がったマヤは、その犯人の最初の犠牲者であり、それによって1年間昏睡状態へ陥ったため不思議な能力が身についた。マヤはその能力で連続殺人犯の潜在意識の中に潜入し、核心へと迫っていく。
スリラー


.0★★★☆☆
前作の続きではないんですね。一応協力者をうんぬんという冒頭の台詞はありますが、続きではない。
ヒロインは超能力をもってるという設定。殺しては蘇生させる凶悪な連続殺人犯という設定はなかなか面白いものがあると思うのですが、如何せんストーリーが良くない。
前作での装置めいたものが軽量化されてイヤホンのようになっている。そして相手の心の中で死ねば自分も死ぬ、という事になっている(そのために装置をつけているようなんだけど、どういう仕組みだろ?)。
前作のイマジネーション世界は通路に並ぶTVのようなものに画面化されていて、ビジュアル化はしていません。また犯人カスプにもマヤの意識がきていることをわかっているようで、語りかけたりもしている。なぜマヤの事を知っているのかといえば、犯人が警官だから情報が回ってるんでしょうね。犯人がちょっと小物っぽくて残念ではあります。
後半で、一応犯人の意識をイマジネーション化してるんだけど、画像が浮いてるんだよね…^; TVMのような作品になってしまってるのが残念です。