いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ザ・ダークウォーター ビギニング・オブ・パニック

【概略】
豪邸に引っ越したその日から、ケイトは鏡に映る人の姿や、天井を這う女性の亡霊、亡くなった父の姿、残忍な殺人の映像を見始める。
サスペンス


.0★★☆☆☆
父の遺産で残された新家に引っ越した家族が、不可解な現象に巻き込まれるタイプのものです。幽霊映像は全然たいしたことありません。
彼女に見えているものは、この家に残された思念みたいなものなのかな、殺される女性、亡くなった父、黒い人影。殺された女性達の霊が彼女に訴えているものは。
まあ真相はこの手のものにはよくあるものだったんですが、ヒロインは母から特殊な能力を受けていたんですね。だから見える、感じるのか。
再婚した夫の愛人との謀もありますが、後半からの心霊捜査になると、序盤と別の作品のように雰囲気がかわります。結局、何であの人が犯人だったのという謎解き部分はなくて、あまりにも唐突でえっなんで?と思ってしまいました…
娼婦、黄色い紐ってのが幼少期のトラウマになっていたとかはわかりますし、犯人もあの人でいいです、でも、どうして、あの家でなの?たまたま…?
「ダークウォーター」とついてますが、水はあまり関係なかったような…(遺体が水の底にあったってだけです)。