いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

殺人の追憶

【概略】
1986年、ソウル近郊の農村で若い女性の惨殺死体が発見される。地元の刑事・パクとソウル市警のソ・テユンは、捜査に乗り出すのだが…。
サスペンス


.0★★★★☆
実際に起きた未解決連続殺人事件を基に映画化したサスペンス作品。傑作と聞いてたのでどんなもんやらと拝見、いやいや確かに面白かったー!
韓国映画特有のコミカルな部分は変わらず、でも後半にさしかかると重くのしかかるような湿気のある作風になっています。犯人は捕まらないで終わる。けれどこの作品は犯人を捜すことよりも、人の心の闇を映した作品だと思う。
昔ながらの理不尽な捜査方法をとっている田舎の刑事と、都会からきた知的な刑事がコンビを組む。終始くすんだ色調と、湿気た空気感が不安や緊張感を生んでいる。そしてあのラスト。
日本でもかつてあっただろうなと感じさせるずさんな勘に頼った捜査、暴力と自白。そういうのもきちんと描いているのがまたいいですね。このあたりはテユン刑事側で見てしまう部分かと思います。なかなか絞り込めない犯人像に焦りが浮かんだ頃、また次の殺人が行われる…。面白いのが、犯人の視点で左右どちらの女性を襲うか迷っているシーン。赤い服の女性、雨の夜、ラジオのリクエスト曲。会話の中のユーモラスな部分も面白いし、またこんなことでいいのかとも焦る。その辺のバランスが巧いなあと思う。
熱気やけだるさも感じる「画」と、巧みな心理描写で、飽きさせずにひっぱっていってくれる。そして、少女の一言に対するソン・ガンホさんのラストの表情がとにかく素晴らしかった。やはり、あのときのトンネルのシーンが彼にみえているのだろうか。
サスペンスだけに留まらない人間ドラマで、見ごたえのある作品でした。