いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

SAYURI

【概略】
貧しさゆえに、置屋に身を売られた少女・千代が希望さえ持てない厳しい日々の中で、一人の紳士・会長さんと運命的な出会いをする。そして、希望の光を見出させてくれた紳士にもう一度会うために、町一番の芸者として花開いていく…。
ロマンス


.5★★★☆☆
なんか勘違いと突っ込みどころ満載ではありますが、「異世界日本」のエンターテイメントとしてみればそこそこ面白かったです。これはほんとに「芸者」じゃなくて「geisha」ですね。(花摘みの競りでの踊りは美しいというよりは怖かったですが^;)
まあさすがに、少女時代の千代が「いつか芸者になれますように」と神社の鈴を鳴らすと、お寺の鐘音でゴーン!と なるのには笑ってしまいましたが…。
チャン・ツイィーは可愛かったしミシェル・ヨーさんはほんとに妖艶でしたね!
ラストの光源氏と紫の君がごとくの関係を知ったところはちょっとときめいてしまいましたが、知ってからまた最初から見ると、今までのあれやこれやなシーンがすべて恥ずかしくみえる…!(*ノノ)