いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

サンキュー・スモーキング

【概略】
タバコ研究アカデミーのPRマンをするニック・ネイラーは、厳しさを増すタバコへの攻撃をかわすため連日マスコミの矢面に立って戦い続ける業界の顔。中でも、パッケージにドクロマークを、と息巻くフィニスター上院議員は目下最大の懸案事項。そんなある日、ニックは映画を使ってタバコのイメージアップを図る“スモーキング・ハリウッド作戦”の指揮を任されるが…。
コメディ


.0★★★★☆
タバコ業界のPRマンとして、巧みな話術と情報操作でタバコを擁護し続ける主人公をアーロン・エッカートが魅せてくれます。
OPのたばこ銘柄クレジットもおしゃれ。銃器・酒・タバコの「Mod特捜隊」と自ら呼ぶ営利団体の代表的ロビイストたちの本音トーク風景もおもしろいよね♪
論旨のすり替えや視点の逆転、相手の裏を返す詭弁模様が実に爽快にシニカルに描かれてました。ラストの公聴会でのディベートではもっとズバッと痛快にまくしたててほしかった気もする。この映画、部屋で一人で見ていてつい鼻から息がもれちゃったです…。公式サイトの「その男、話術で世間を煙に巻く」にちなんだケムマキも笑っちゃった♪
ちなみに私は煙草は吸いません。