いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

サンゲリア

【概略】
ある日、ニューヨーク湾内で奇妙な事件が発生した。漂流中のクルーザー内に踏み込んだ警備船の警官が、突如現れた全身腐乱した不審な男に襲われたのである。警官1人が犠牲となり、男は全身に銃弾を打ち込まれて海中に姿を消した。クルーザーの持ち主の娘アンと新聞記者ピーターは、真相究明のためカリブ海に浮かぶ小島、マトゥール島へ向かう。だが、そこは何かの疫病なのか、それともブードゥー教の呪いのためなのか、死者が蘇り、生者を貪り喰う恐るべき魔境と化していたのである。
ホラー


.5★★★☆☆
ルチオ・フルチ監督のゾンビ映画の金字塔ですね。
いやー色々な衝撃笑撃映像がいっぱいでした。低予算なんですよね~これ。ゾンビっていうか「サング」なんだそうですが…まあなんでもいいです。
マツールという島で疫病がはやり…ってことはある意味でこれもウィルス系ゾンビにはいってしまうのかな?疫病で死んだものは2日後に甦って生きた人間を喰い求めるという設定。
ウジやミミズなんかの虫たちに巣食われた死体は気持ち悪いですが、この作品ではこの腐りきった感じが非常に良かったのですよね。ただ、いまみると意外と普通に感じちゃった。まあ食事時には観たくないですが…。
笑えるゾンビシーンもあります。水中でサメと格闘するゾンビとか。あれ意味のないシーンすぎてまた可笑しい、格闘っていうかサメにつかまって泳いでるだけのようにも見えますし(笑)…でどうして奥さん紐パン(ノーブラ)なの?
一応ブードゥーの呪い的な部分をさらっと出しつつもそんな描写は一切ありません。ゾンビのイメージって土の中からズズズズだけど、ゾンビというより肉片があまり残ってないのでミイラ映画みたいにもみえますねー。あと腐ってるわりに血が出すぎです。死んでてもこんなに鮮血でるものなのかな?…それにしても登場人物たちみんなリアクション薄すぎですよね、そのせいかあまり緊張感がないですよね。
眼球突き刺しシーンも、眼球のブニュっとした感覚も感じられそうで痛々しい。
そういえば、2日後ってことになってたけど、後半なんかは噛まれてすぐにゾンビになってましたね、墓の下に埋まっていたのも含め、急激に増え続けてたような。謎。