いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

30デイズ・ナイト2:ダーク・デイズ

【概略】
アラスカの小さな町で98人の犠牲者が出たバロー事件は、ヴァンパイア一族の起こした事件だが、それを証明する証拠はすべて灰となった。生き残ったステラは、真実を知ってもらおうとロスで講演をして、会場に太陽と同じ容量の紫外線ライトを設置し、笑う聴衆にヴァンパイアのいることを見せ付けた。がしかし、悪戯扱いされて信じてもらえない。そんなところへ信じる同志が現れて、ヴァンパイアのボス・リリスらと戦うこととなる。
ホラー


.0★★☆☆☆
「30デイズ・ナイト」の続編です。キャストは一新。
前作の1年後、ステラは全国で公演を行っていたが、当たり前だがなかなか信じてもらえない。そこに同じ境遇のポール達と出逢い、ヴァンパイアたちへの復讐を決意。舞台はロス。
またFBIにも「僕(しもべ)」がいて、陽光による証拠になる遺体はすべて焼却されてしまっていた。メンバーにはダンという半ヴァンパイアの仲間がいるのですが、おかげで通訳してもらえたりもする。
ポール達はステラと同じくそれぞれ大切な人をヴァンパイアたちによって失っており、そして4人はリリスの潜伏場所に乗り込んでいくことになるのですが、あまり緊張感なく入出してましたね。そして早速襲われて仲間1人がヴァンパイア化し、ステラが殴りまくって死亡。これである意味ふっきれたステラと、本当に今まで狩ってきてたのか疑問に思えるメンバー達の構図がなんともいえない。
そして例のFBIの人はリリスによってヴァンパイアの正式な仲間になってしまう。生き残りのジェニファーの言葉に従って、船に向かうメンバー。勿論ここでも作戦はありません。
ただ、死んでも頭さえ無事なら生き返るということを知る。ゾンビとかも頭ねらいますもんね、それと同じですね。
それにしても女王自身で出てくるの早すぎ、他のヴァンパイアどこいった。なぜか一騎打ちみたいになってるんですが…。
そう、そして布石だった例の死んでも頭さえ無事なら生き返るというのを、エヴァンの遺体で試すステラ。そりゃそーなるだろななラスト。