いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

39-刑法第三十九条-

【概略】
猟奇的な殺害事件が発生し、劇団員の柴田が逮捕される。彼は殺害こそ認めるものの殺意は否定、当時の記憶はなかったと主張する。そして裁判中に人格が豹変したことから司法精神鑑定が請求される。鑑定人・藤代は心神喪失していたと鑑定するが、助手の小川は別の結論を確信し再鑑定に動き出す。多重人格の容疑者と、その精神の奥底に迫る鑑定者。徐々に事件の奥に潜む真実が明らかになっていく…。
サスペンス


.0★★☆☆☆
難しい問題ですよね。少年法と並んで問題視されている39条を批判的なテーマで扱った作品です。
刑法39条は、心神喪失者の行為は罰しない、心身耗弱者の行為は刑を減軽する、というものです。
よくドラマなどでも心神喪失ということにして刑を免れようとする描写だとかあると思いますが、その真意を鑑定する鑑定人と加害者とのドラマ。
加害者の明らかになる事件の動機は、15歳の少年に小学1年生の妹を暴行殺害され、心神喪失状態であったという理由から罪に問われずに生活を送っているその実情を知り、別人を装い心神喪失を狙い復讐を図ったというもの。彼が一番復讐したかった相手は、加害者の少年ではなく、加害者を守る「法」のほうだった。
妹を発見した彼の苦悩(ここの彼の叫びは素晴らしかった)彼をささえる恋人の苦悩、ホームレスの男などなど、主人公香深の家の事情なども含め非常に痛々しい。妹の遺体を発見した際の描写はなかなかすさまじく、自分を責め、彼があの事件を一生忘れられるものではないことは容易にわかります。
堤さんはかなり良い演技をしてらっしゃったのですが、ひとつ、他人格とかわるときのガタガタぶりは、少し芝居じみすぎていたような気もします。そういう意味では、妙に執着する香深や刑事さんなども、ちょっと直行型の物語ぎみではあったかも。
全体の静かな雰囲気はとてもよかったです。
日本の法は犯罪者に甘い、などよくいいますが、色々考えさせられてしまう作品でした。