いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

13 thirteen ドリーム・クルーズ

【概略】
総勢13人の俊英映画監督が各1話ずつを担当した、全13話からなる60分1話完結のオムニバス・ドラマシリーズ。
スリラー


.0★★☆☆☆
13人の監督さんがそれぞれ1話完結型スリラーを描くシリーズの、この作品は劇場公開作ですね。
これは全編英語ですが、木村佳乃さんや石橋稜さんが出てます。ビックリしたのは日本人役者陣の英語力。
男と妻とその愛人、これだけ聞いたらどんな復讐劇かと思うものですが、実際はそれら登場人物のほか、男の前妻が絡んできます。復讐をするのは実はこの前妻だったりするんですね
男の顧問弁護士である主人公、彼は客の妻と愛し合っている、子供の頃に弟を海で亡くしたトラウマから、最近再び悪夢をみるようになっている
情緒不安定だった男の前妻が失踪したため結婚した妻、彼女は男が前妻をどうにかしたと思っている。顧問弁護士である愛人にそれを打ち明け、妻はからんだ海藻をとりにもぐっている男とこれからの自分たちを心配している
妻を宝物のように思っている恐ろしい男。海藻のため海にもぐるが、その後…。
3者3様の思惑を抱え、(表面上)楽しいはずのクルーズが、変わってしまう。
1時間というドラマのわりに、けっこう面白かったですね。
弟ショーンは恨んでいるのではなくて、兄をずっと助けようとしていたんだね。