いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

サンクタム

【概略】
「聖域(サンクタム)」と呼ばれる洞窟の謎を解き明かすため、フランク率いる探検隊が調査を開始。しかし出口が塞がれてしまい…。
パニック


.0★★★☆☆
パプア・ニューギニアの熱帯雨林の奥地に存在する、巨大な洞窟体系[エスペトリ・エサーラ]、そこは人が足を踏み入れてはいけない「聖域(サンクタム)」として君臨していた。だが大富豪の実業家カールからの援助を受け、冒険家フランク率いる探検隊が調査に挑むが…。
洞窟モノだとすぐ「ディセント」や「地獄の変異」などを思い出してしまいますが、これは完全に自然の猛威もの。驚異的な自然の猛威に人間の力がどれほど通じるものなのか、そして脱出できるのかがメイン。親子の絆や仲間同士の対立など、自然の猛威に対する人間ドラマがしっかり描かれていました。
予想外の出来事が次々と起こり、パニックになったり疑心暗鬼になったりと、人間的な恐怖と自然の容赦なさが際立つ。
危機的状況下をシンプルに描いているのは正解。ちょっと古臭いけどわかりやすいサバイバルものになっていたと思う。
フランク親子は外の出口へと彷徨う。父子の絆からの犠牲というベタな展開も泣かせてくれる。ラスト間際の水面と空気の天井のシーンが凄く印象的でした。
それにしても僅かな酸素ボンベだけで息苦しいったらなんの。人間最後には底力が出るらしいですが、とはいえ空気のない状態から水面まで一気に泳げるものなのかな?人間の生命力には驚かされるばかり。