いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

幸せの教室

【概略】
大卒ではないという理由でリストラされたラリーは、心機一転地元の大学に通うことに。そこで教えることへの情熱を失った美人教師・メルセデスと出会い…。


.0★★☆☆☆
トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ共演。
学歴を理由にリストラされたのは単に言い訳なんだろうと思う、リストラって理由付けが必要だからさ。それを真面目に受け止めて改めて大学に入学しちゃう主人公ラリー。素直で真面目な性格なのだとわかります。
一方講師であるメルセデスは、夫に嫌気がさしアルコールに逃げて教師として講義への情熱さえも見失っていた。
トム・ハンクスが出てる時点で感動的なストーリー展開になるんだろうと思ってはいたんですが、やっぱりと言う感じで…意外性がなかったなあ。いや普通にいい話なんですよ。ただ、ちょっとネタが古臭い気がする。10年くらい前に公開されてた映画みたいな内容で、色々なものが中途半端に仕上がってたなあ。いつの間にか惹かれあってる二人とか。失業の不安とかどこいった?大学で講義を受けて新たな人生のスタートをきるという話ではあるんですが、そこにラブはいらなかった気がしますね。
タリアと彼氏のバイカー軍団がストーリーにがっつり入りこんでくるけど、展開には絡んでこないのもどうなのかな?醤油は笑っちゃったけどね。
この教室で人生が変わったってほどの劇的な変化があったわけではなかったし(というか何かあったか?あの授業。どちらかといえば経済学Ⅰのほうが役に立ってたよね)、ちょっと肩透かし感のある作品かもしれません。