いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

幸せのセラピー

【概略】
大手銀行の経営者の娘ジェスと“逆玉”婚をしたばかりに、自分らしさを完全に見失った男ビル。ストレスで体重は増えメタボになり、そんな空回りしている自分に同僚や身内からも軽蔑され、負け組人生に転落状態。さらには妻の浮気というショッキングな事件が発覚。負のスパイラルから脱出できないビル。そんなとき、セクシー美女のルーシーにと出会ったことから、運命が変わり始める…。
ドラマ


.0★★☆☆☆
逆玉にのったはいいけどストレスにより自分を見失った男ビル。アーロン・エッカートさんは10キロ体重を増やしてこのくたびれた銀行マンを演じています。エリザベス・バンクスさんはその妻。
イラッとするたびお菓子ほおばってメタボ、アッカートさんのイケてないぶりの演出がコミカルでした、精悍さのない表情や若干髪もわざとツヤツヤにしてるよね?
高校生の「ばっかじゃねーの」ってのが実に観ている側の気持ちを代弁してるようですが、妻の不倫騒動から始まって、男が色々行動し始めるという話ですね。
セクシーな店員役のアルバはさんは中盤にでてきますが、ヒロインでもなんでもないです。どちらかといえばメンター制で請け負うことになった高校生が絡んで、友情物語っぽくなります。「セラピー」は関係ないね^;
なくしたと思っていた自意識は、やはりまだ残ってたんですね。すべてさらけ出したとき、男は人生を取り戻す。最後は見違えるように爽やかなエッカートさんにー…。
ただ、ドーナツ屋でもなく…ってところはちょっとアレ?っておもったんだよね。妻に任すって…妻だって別にドーナツ屋をどうしてもやりたいってわけでもなかったのでは?夫がやろうとしてることだから決断したんだろうに。