いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~

【概略】
ベテランシェフのアレクサンドルがスランプになり、超高級三ツ星レストラン、カルゴ・ラガルドは空前のピンチに陥っていた。そんな折、彼はペンキ塗りの仕事をする青年・ジャッキーと出会う。
コメディ


.0★★★☆☆
この映画の良い点を2つ。まず料理が美味しそう、それから尺が短い事。お料理監修もバッチリ有名どころが揃ってるらしいので納得。
コメディドラマなので随所で笑える部分があるんですが、基本的には漫才のような主演二人の掛け合いが可笑しい。そ、そんなばかな~な展開も笑って許せるところがある。
三ツ星を守る事だけに囚われて、初心を忘れちゃってたんだよね。プライドが高い「カリスマシェフ」と、とにかく頑固な「天才シェフ」、この二人が新しいレシピに挑戦するって話。主演のふたりにジャン・レノとミカエル・ユーン。
オープニングのイラストが動く感じ好きだなあ。あと分子料理って何って思ったんですけど、ああいう料理なんですねえ。

邪魔されて市場で新鮮な食材が手に入らない中、近所の店で買った食材で作った料理が絶賛され…都合の良い展開だけど、それもあきらめず初心を忘れなかったのがよかったんですよね、微笑んでしまうラストでもありました。
しかし、ライバル店を視察するために日本人に化けていくってところ、無理ありすぎだろ(笑)あとあんな店は嫌だなあ。