いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

シェルター

【概略】
精神科医のカーラは、同じ精神分析医の父からデヴィッドという患者を紹介される。早速、彼の診療を試みるのだが…。
スリラー


.0★★★☆☆
ジュリアン・ムーア、ジョナサン・リース・マイヤーズさん主演。
解離性同一性障害(多重人格)を認めない精神分析医カーラのもとに、デヴィッドという患者があてがわれる。しかしデヴィッドという青年はすでに25年前に亡くなった故人であることが判明、その間も彼は次々と人格がいれかわり…。
信仰心が1つの鍵となる作品で、私達日本人には理解しがたい部分もあると思います。しかしこの信仰心というのは、昔ながらの魔術でもいいわけで、そう考えると、何か常に心を満たしているものはあるのかと聞かれている感じでもあります。作品内で鍵となるのはカーラの夫が暴漢に殺されたという点です。
マイヤーズ氏の首の反りは凄かったですね(首の骨折れそう~)。カーラは主人格は宗教に執着があって、それに関連した死者の人格をとりこんでいるとカーラは仮説を立てるのだけど…。スーパーナチュラルスリラーとのことなので、心霊オカルト方面にストーリーはよっていきます。
かつて100年ほど前にインフルエンザが大流行したときに、一人の神父がやってきて信仰と嘘から「不信心者の魂を隔離するがいい」と呪いをかけられてしまう、ここが重要。
黒い影は神父だったのか…関係者も次々と亡くなっていきます。そしてカーラの家族にも危険が及んで…。
ラストも驚愕。なかなか面白い作品になってました!「シェルター」は彼女の娘に移ったということでしょうね。