いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

シグネチャー

【概略】
ひとり暮らしの老女、老夫婦と立て続けに殺人事件が発生。やがてひとりの男が容疑者として挙がるが、トニーはふたつの事件の犯人は別人ではないかと疑うが…。
サスペンス


.0★★☆☆☆
シリーズも19作目に入りました。WIRE IN THE BLOODです、シーズン5の最後。
犯人とママの関係とか、やっぱりここでも成長環境で問題があるんだよね。
トニーの昔の友達がでてきますが、トニーとアレックスとの信頼関係に波紋をなげかけてしまう、なぜそんな事をするかというと、大人の醜い事情なんだけど。
今回は多重人格者。秩序型と攻撃型…「犯人はふたりいる」と指摘するのだけど、それは「多重人格」での「ふたり」。まさかそうとは思わなかったな。なかなかわからないので、もどかしいのですが、多重人格者でのふたりを一本の線にするのは難しい。心が弱いフランクが生み出した知性的なヘンリーも子供っぽいレオも合わせて1人なんだよね。
もう片ッぽの犯人と思われてた人物の家庭環境にも多大な問題があって、あっちもどうにかならないものなんだろうかと思ってしまった。当然あの彼女は保護後に強制送還されるんでしょうね。