いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

地獄の変異

【概略】
ルーマニアのカルパティア山脈奥深く,永きにわたり封印された巨大洞窟が発見された。早速,洞窟内の探索を開始し,順調に地下深くを進んでいく。しかし突如、隊員の一人が姿を消した…。
ホラー


.0★★★☆☆
ルーマニア・カルパチア山脈の巨大洞窟が舞台。
B級丸出しのこの邦題…かなりイカしてますね…予告の、超地底人ってなんだよとツッコミつつも、あの懐古調紹介はかなり良かったよね。
潜水映像なんかもあるんだけど、それは凄く綺麗。これ撮影はどこだったんだろう。博士や潜水メンバーは未開洞窟の調査で洞窟の奥へ。未開生物や寄生生物に襲われた彼らは脱出をはかるのだけど…。生物が虫っぽくて気持ち悪いですね; 次々と襲われるメンバー、暗くて襲ってくる何かは見えずらいんだけど、人型宇宙人にコウモリ羽がある生物!勿論そのほかにもウナギのような生物やらモグラのような生物、白サソリやら。
断崖絶壁を登る女性メンバーを襲う空飛ぶ地底人なんかは、かなりいい感じですよ!同じ洞窟モンスターものでディセントがあるけど、あっちなんかより断然クリーチャーヴィジュアルが上です。でかくて気持ちが悪いし…。この生物はコウモリが寄生虫で変異したもの、つまり寄生虫にやられると変異する。
メンバーの兄弟の兄貴のジャックはこの寄生虫にやられており次第におかしくなってきててどう考えても怪しい…(要は基本の信頼が揺らぐパターン)こういう作品で兄弟愛ものになるのは珍しいですよね。瞳が星形のリーダーを信じられるか、信じられないか。結局半地底人化しつつも理性を捨てずに兄貴は自己犠牲でみなを救ってくれるんですが、あれ?ちょっと、弟はなにやってた??
ディセントは洞窟パニックというより最終的には人間心理ものに落ち着いたのだけど、この作品は本来の「洞窟モンスターパニック」になっていて面白かったです