いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

シコふんじゃった。

【概略】
ひょんなことから相撲部に入部した大学生が、やがて相撲に熱中していく様をコミカルに描く。
コメディ


.5★★★☆☆
本木雅弘さんの~アレです。昔何度も見たなあ。
相撲ブーム?に乗っかって、うちでも場所ごとにTVで流れてる相撲。私は小学生の時、千代の富士がものすっご好きでねえ、ヒーローだったわさ。
楽して人生を乗り切ろうとする大学生・山本秋平は卒業単位と引き換えに廃部寸前の相撲部に入部させられ 試合に出場することになる。しかし、困惑しながらも彼が足を踏み入れた相撲の世界には、それまで経験したことのなかった熱い世界が待っていた!
いわゆる「かっこいい」流行から外れた世界をコミカルに感動的に描く痛快作。キャラ的にはメンバーが足りず対抗戦にも出場できないような弱小相撲部に無理やりかき集められた白人留学生含む個性的なメンバーがそれぞれが面白い。唯一の古参メンバーは本番のたびに下痢になる相撲部キャプテンの竹中直人。クリスチャン大学である母校生徒の試合直前の祈りに「信仰の自由は!」とか合間に茶々を入れる秋平も可笑しい。
コメディという位置づけでありバカバカしさを交えながらも、国技である相撲という舞台に情熱を傾ける青年たちの様子が真面目に描かれていて、実に面白いのである。
タイトルも語感が面白く「ねこふんじゃった♪」な気楽な気分で鑑賞に入れる。またイケメンが相撲というギャップにも心惹かれるものがあり、周防監督の「shall we ダンス?」前の映画ではコレが一番好きでしたねー。
大学でのあまりにも平和で能天気な雰囲気は時代を感じずにはいられないが、私が大学に通っていないので(専門学校→就職組)ああ、いいなあ…とちょっとバブル景気崩壊直前時代に想いを馳せちゃったりなんかもして。
正子がなんか可愛らしくて好き。