いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

死の恋人ニーナ

【概略】
スーパーで働くホリーは、恋人・ニーナを交通事故で失った同僚の青年・ロブに恋をする。ある日、ふたりがベッドで愛を交わそうとすると、血だらけのニーナが姿を現し…。
ホラー


.0★★★☆☆
ニーナという恋人を突然起こった交通事故で失って以来、心を閉ざしてしまったロブにホリーは恋をする。ようやく心を開いたロブとホリーは初めてベッドで愛を交わす。その時、二人のベッドがだんだん血で染まり、血だらけのニーナが姿を現した。まだ自分は死んでいないと思っているニーナはロブに対して、怒りを込めてホリーの存在を問い詰める。立ちすくむロブとホリー。とっさに逃げ出したホリーだったが、意を決して数日後に再び彼の家を訪れる。再びベッドに現れたニーナに対して、ホリーは“ある取引"をしようと持ちかけるのだが…。
二人が愛し合うたびに出てくるニーナ、血の海の中に出てくるニーナは最初おどろどおろしい雰囲気なのですが、あまりにも彼女があっけらかんとしていて、ホリーも3Pしようと努力するので、なんじゃこりゃコメディか、と思ってしまう。足とかバキバキに折れちゃってたりするのに、そんな事はお構いなしに、悪態をついて、2人の横に寝転がっていたりするんですからね。お墓セックスにもついてまわる。
ホリーの「彼女に敬意を伝えたいの」とか、えーー(゚ロ゚;)ーー!って感じだけど、ホリー頑張る!→同棲。ロブは前を向いてホリーを歩いていこうとしている。しかしニーナは現われる。ロブに合わせようと、同じ「ニーナ・フォーエバー」の刺青をいれたホリーのもとに、ニーナは現われる。他の男とセックスしても。だって彼女は永遠にだからさ。
一方ニーナの両親と頻繁にあっていたロブ、これダメだよね…。どちらもつらい結果しかもたらさない。だからクライマックスの会食のようになってしまうんだ。
これ、ホラーじゃないね?コメディでもない。どちらかといえばヒューマン・ドラマだ。
想像の斜め上を行く確かに未体験な映画でした。