いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ジャージー・ボーイズ

【概略】
ニュージャージーで最も貧しい地区に生まれ、歌声とハーモニーを武器にスターダムに駆け上がった4人の若者の栄光と挫折を描く。
ドラマ


.0★★★☆☆
フォー・シーズンズというバンドがあったことすら知らなく、楽曲「君の瞳に恋してる」だけは知っていた、というくらいの知識しかない。
ストーリーはまさに直球ストレートな栄光と挫折の話で、それ以上でもそれ以下でもない。
スターの影の部分も映し出している本作は、娘の死を乗り越えるために歌う「君の瞳に恋してる」の「君」が恋人ではなかったことに驚き。普通のラブソングだと思ってた。でもやっぱりこの曲はいいですね、名曲ってのが伝わってくる。
物語自体は淡々と流れていくものの、しっかりとした作りで飽きさせない。
ただ、当時を知る人にとっては懐かしくて、知らない人には目新しい発見を与えてくれるという監督の手腕はさすがですね。
最初はカエルのような声だと思っていたらどんどん艶が出て、味のある歌声に聞こえてくるのも面白い。
エンディングのインド映画さながらの歌って踊る演出が楽しい。
出演ではないですが、劇中でイーストウッド監督の若い頃の映画がかかってた!
良作ですが、全体的に見ると感動するほどでもなく、普通かなー。