いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

謝罪の王様

【概略】
東京謝罪センター所長・黒島譲が、喧嘩の仲裁から政府を巻き込んだ国家滅亡の危機まで、様々なトラブルを謝罪のテクニックを駆使して解決していく。
コメディ


.0★★☆☆☆
短文です。
えーと途中までは大変面白かったのです。
謝罪のタイミングとかテンポとか、なかなか面白くて良かったのですが、途中からダルダルになりましたね^;そして無理やり最後は感動へと結び付けてしまう。半分くらいメインがマンタン王国の国際問題で、なんだかなあ。一応それぞれの話はうまく絡んであるんですけどね。
「土下座の向こう側」である「わき毛ボーボー 自由の女神」を内閣総理の嶋田久作さんがやっちゃうのはめっちゃシュールでしたねえ。