いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

JUDGE/ジャッジ

【概略】
閉ざされた空間に監禁された7人の罪人。目覚めると頭に動物のマスク、手には毒薬を仕込まれた手錠と鎖…。彼らに課せられたのは、多数決で決まる死の裁判ゲームだった。
スリラー


.0★★☆☆☆
アニマルマスクだからMAN WITH A MISSIONなのか…?
緊迫感がまるで伝わらない作品、尺が短い事が救い。
【ルール】
1.多数決により、最も罪の重い罪人を時間内に選ぶ
2.最も多く票を集めた罪人は処刑される
3.最終審判を生き残った罪人は解放される
4.棄権・脱走は許されない
七つの大罪をモチーフに描かれているようですが、そんな壮大な設定活かせるのか?と思ったら、案の定活かせてませんでした。大体被り物も意味ないし。
どこかで見た設定だなあと思いつつ見たわけですが、いたってふつーの(場合によっては普通以下の)作品でした。
清純ヒロインと思いきややっぱり傲慢で、一人死ぬごとに繋がれてるものがひとつひとつ取れて行くというのもやっぱりどこかで見た。
一人生き残った主人公。でもそこにユーザー投票が重なって…機械を破壊しようとするラスト、というのもどこかで見たなあ。
結局、公平なんて存在しないよってことなのかも。