いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

シャッター アイランド

【概略】
精神を病んだ犯罪者を収容する孤島・シャッターアイランドで、ひとりの女性患者が姿を消す。事件を調べるためふたりの連邦保安官が島を訪れるが…。
サスペンス


.5★★★☆☆
オチはありがちで驚くことはないものの、その間のストーリーや雰囲気がいいですね。全体の色使いや孤島という舞台、などなど…ただ、若干消化不良なのは否めないところ。
レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレーさんら豪華俳優陣が共演しています。
伏線が多岐にわたり、あとであれはなんだったのかと考えるのもこういったミステリーものの楽しみですが、今作はディカプリオの演技にかなり支えられていると思います、私彼はあまり好きじゃないんですが、レオさん今回いいですよ。とくにラストの台詞は良かったです。彼は選んだんだね。
中盤ちょっとダレてしまって眠くなりましたがテディの幻想世界もきれいで、なかなか良かったと思います。
さて、この映画の一番面白いところは「超日本語吹き替え版」があるところだと思うのですがどうでしょう。超ってなに(笑)
「従来の吹替より、自然な言い回しで違和感解消」「字幕に気を取られることなく画面に集中できるので、謎解きの楽しみアップ」ってことが目的らしいのですが、吹き替えでも字幕をつける私は「超」がむしろ気になって気をとられてしまいました(笑)