いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

シャドウズ・ゲート

【概略】
最愛の恋人・ケイトを火災事故で亡くし、別の女性と結婚したジョシュは、ケイトを忘れられずひどい不眠症に陥っていたが…。
ホラー


.0★★☆☆☆
火災事故で恋人を亡くし別の女性と結婚をしたジョシュだが、ひどい不眠症に悩まされ、開発途中の睡眠薬に手を出すことに。だが、夢の中で最愛の恋人ケイトと再会し、次第に夢の世界で生きることを決心をし…。
夢の世界がすばらしいと、朝起きたときの衝撃度合いは結構大きい。
実際この作品でもとにかく起こされまくる主人公が可哀相になってしまいました。美しい思い出や世界の中に生きたいというのは万国共通なのでは?挙句の果てに主人公は薬を大量に強奪、夢の世界へ逃避です。…ですがまた起こされ、陰の現実と陽の夢の世界の中でどちらとつかず彷徨うことになります。結局、殺人をおかして夢へ逃避するも、今度は娘に執着する父親に夢の中でも殺されそうになってしまう。
まさか母親のもう一人の昔の恋人があの人とは思わなかったのでこれは偶然が重なったものでしょうが、この役者さん実にいい表情をしている。
結果、主人公は現実世界で刑務所行きになり、父親の監房の前で5年、もう耐えられないと思った彼は…。ラストは衝撃的で後味は悪めですね。
夢と現実が交差するアイデア自体は面白いと思うのですが、テンポもあまりよくなく、なにぶん演出がうまくないのが残念です。