いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

シャドー・チェイサー

【概略】
バカンスに訪れた異国の地で、父親がCIA工作員だったことから国家的陰謀に巻き込まれた青年が、家族を取り戻すべく決死の闘いを繰り広げる。
アクション


.0★★★☆☆
ヘンリー・カヴィル、ブルース・ウィルス、シガーニー・ウィーヴァーさんらが共演。若手+大御所という王道のタイプのアクションもの。
不死身のオヤジもここでは即弾死。
あーこれは凡作だなあ。一応スリリングな展開をめざしているのでしょうが、どこか気が抜けたコーラみたいな感じ。ヒロインはきれいな方だったですけどね、異母兄妹ですからいい関係には発展しなかった。中盤すぎまで激しいアクションとかもないし、そのまま気づいたら後半だった…。
ファブリック(店)の総締めと用心棒が協力してくれるのがちょっと面白いところでしょうか。ルシア効果。カーチェイスが多分一番の見どころだったんだろうと思うけれど、これもあまり盛り上がらない。全体に「アクション」というアクションではなかったのが原因かもしれない?
家族を奪ったモサドの連中が結局のところ手助けとなって「父親は君を誇りに思ってるだろう」とか言っちゃう(笑)最後もいいところかっさらってました。