いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

シャーロック・ホームズ

【概略】
19 世紀末のロンドン。ホームズの活躍で、巷を震撼させていた連続殺人事件がみごと解決した。邪悪な黒魔術を操り、若い女性たちを毒牙に掛けてきた犯人ブラックウッド卿は死刑に処せられる。ところがほどなく、彼が復活したとの噂が広まり、再び調査に乗り出すホームズとワトソンだったが…。
アクション


.0★★★★☆
ロバート・ダウニーJrにジュード・ロウですよ。映画館で予告をやってたときに飛び上がりそうになっちゃったのを覚えてます。
原作の何作かは本で読んでいますが熱心なシャーロキアンではないのでその辺はご愛嬌。でもアイリーン・アドラーが出ていたのはビックリ。てっきり私ヒロインはどこかのおてんば令嬢か何かだと思ってました。新しいホームズ&ワトソン像は従来のイメージとは一歩二歩も違ったけれどこれもありじゃないかな。原作ではどこか外側から推理する役目であるホームズが、内側から描かれていたと思います。一般的なイメージよりも原作のイメージに近い感じですね。
ホームズが何かするたびに可愛くてワトソンの苦労性も可愛くてたまりませんでしたね~両俳優とも好きなんだもの、これには参った。とくにジュード・ロウ、ワトソン美形すぎでしょ~。
雑然とした町並みの19世紀ロンドンも非常にマッチしていて、科学と黒魔術を含めて何があっても不思議ではない世界を造っていました。独身時代一緒に生活していた頃であるというのもおいしい設定でしたね(まだワトソンが結婚してない時)。原作でもワトソン大好きなホームズは可愛いですが、やっぱり2人は一緒がいいですね。
アイリーン・アドラーは「ボヘミアの醜聞」では理知的な魅力的な人物でホームズを出し抜いた女性として有名ですが、今作ではホームズを翻弄する役どころ。ボヘミア~は実は数年くらい前に仕事中に青空文庫で読んだばかり。今作ではなんだか峰不二子みたい…そう思った人も多いんじゃないかな?教授の正体は教授と聞いた瞬間わかる人多数だと思いますが、やっぱり黒幕はあの人でしたね。ユーモア部分もある軽快で快活なアクション活劇になっていました。