いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム

【概略】
世界中で頻発する未解決重大事件の黒幕にしてホームズ最大のライバル・モリアーティ教授が、ホームズとワトソンを抹殺すべく巧妙な罠を仕掛ける。
アクション


.0★★★☆☆
老獪なモリアーティ教授との巧妙な頭脳戦、ワイルドなアクションシーン、揺ぎ無き名コンビに萌える!
宿敵モリアーティ教授との対決を描いた「最後の事件簿」をスタイリッシュ・アレンジして映画化。出演者は続投なのが嬉しいところですね。ロバート・ダウニーJr.、ジュード・ロウ。
頭脳+アクション+ユーモアの娯楽作品ですので、楽しんだもの勝ち♪
しかし、前半は少々駆け足感を感じる展開でしたねー。合間合間の機微が抜けている感じ。それにしてもやっぱりホームズにはワトソンがいなきゃ!この二人の腐れ縁的友情はやっぱり良いわ~仲良くケンカしているところが好き。
弾道を目視できる事で迫力が増した森を駆け抜けるシーンなど、ダイナミックな映像演出も目を見張るところがあり、どちらかといえばアクションの合間にホームズが事件の真相を説明してくれる展開。 
1891年のきな臭いアンティーク的雰囲気も良かったですね、当時の機械技術の最先端が見せ場となっており(主に兵器)、スケールが世界規模に拡大したことで派手さも増しています。ただ、若干広げすぎた感がありますが…。とにかく火薬量の多い作品ですね。
個人的にはモリアーティ教授はもっとシリーズ最後に登場して、2作目は別作品を割り当てたほうが良かった気もします。しかし教授との最期はやはり滝つぼでのシーンなのがちょっと嬉しかった。二人の先読み能力戦も見もの。ワトソンを一瞥してからの滝つぼへの身投げもツボ。ホームズにとってワトソンは特別な相手だからね。
ラストはそう来たか~で、擬態には2回とも気づかなかった(笑)