いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

十三人の刺客

【概略】
江戸時代末期。老中・土井利位より明石藩主・松平斉韶暗殺の命を下された島田新左衛門は、甥の新六郎ら腕に覚えのある刺客を集め、300人を超える明石藩の軍勢に戦いを挑む。
アクション


.0★★★☆☆
密命を受けた御目付たちが参勤交代の大名行列を襲うというシンプルなストーリー性が、この作品を面白くしていますね。脚本がお上手です。これ、リメイクなんですね。オリジナルも観たくなりました。
稲垣吾郎さん演じる松平斉韶は、いわゆる悪役なのですがこれが意外とはまっていた…極悪ぶりで怪演していたと思います、印象に残るキャラクターです。非道ぶりは冒頭でとくと語られます…。

スピード感や緊迫感もあり、また渋い役者さんを起用していることもあって引き締まり、緩急に富んだ作品になっていました。
主人公らはたったの13人…それぞれの思いは「武士」だからこそ。男くささや、殺陣やアクションの格好良さなど(大味な部分もありましたが)、なかなか骨太な演出でした。 一方、宿場まるごと彼らの要塞へと作り変え、その戦闘方法やギミックなどは面白く描かれており、一種のアクション活劇のような楽しさをも感じられました。
また「わしの背後に抜けた者を斬れ。一人残らずだ」なんて格好いい台詞もありましたね、人間ドラマもしっかりと描かれていたと思います。必死なだけではなくユーモアな部分もあるのがまた一息つけるところで良かったです。
落合宿での血まみれ泥まみれの凄絶な斬り合いがメインだと思いますが、松方さんは流石に手馴れていて殺陣が一番お上手でした(笑)140分強ありますが、だれることなく観れた作品でした。