いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

13日の金曜日

【概略】
行方不明になった妹を探してクリスタル・レイクに向かう青年クレイ。仲間とともに湖畔の別荘にやって来たジェンナは、彼に協力して湖の周囲を探る。その時、ホッケーマスクをした大男が彼らの行動を秘かに監視していた…。
ホラー


.0★★★☆☆
わー!ジェイソンですよジェイソン!私ホラー3作(エルム街、13金、ハロウィン)の中では一番ジェイソンが好きだったな~。ジェイソンの母親との関係とかね。マイケル・ベイのリメイクホラーです。絶対これ観たらオリジナルがみたくなると思う…。13日の金曜日にみようととっておいたんですが、なかなかないのでもう観ちゃいます。
オリジナル1-4の要素が詰まってるという事でしたが、…もう正直細かいところ忘れてるのよね^;なので新鮮な目で観れました。
ジェイソンの超人的不死身さと不気味さは勿論ですが、基本はしっかり押さえられていました。ただ全体の作りが現代的なせいか、妙に明るい作品になってしまっているような。「スーパーナチュラル」のジャレッド・パダレッキさんが主役で、そこからしてもう生き残り確実で、そこはむしろ殺され役になったほうが面白かった気がします。
「どうしてあの子から目を離したの!」冒頭からジェイソンの母親の首落ちシーン。そして伝説が語られ、その後も、さすがジェイソン、仕事ぶりが鮮やかでございます。色々な手法でどんどん殺していくのですが、大体が一瞬でやっぱりメジャーキラーは違うねといわんばかり。
ただ、王道をいったせいで奇をてらった演出がなく、普通にあるよねな作品になってしまっているのが非常に残念。ライトホラーなので万人受けするだろうけれど、メジャーな作品なばかりに、そこは損していると思うのです。あともうひとプッシュが足りない。