いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

呪怨 終わりの始まり

【概略】
小学校3年生の学級担任を急きょ務めることになった結衣は、不登校を続けている生徒・佐伯俊雄の自宅を訪問した。しかしその日をきっかけに、彼女の身に不可解な現象が起こり始める。その家は、足を踏み入れたもの全てが奇妙な死を遂げる「呪われた家」だったのだ。少しずつ明らかになる佐伯家の過去。次から次へと起こる怪事件。しかし結衣は、この家に導かれるように、再び足を踏み入れる―。
ホラー


.0★★☆☆☆
「呪われた家」の知られざる秘密とは……?
時間系列がバラバラ、見た事がある過去作をリメイクしたかのような演出、そんでもって衝撃の笑撃のラストと、どこに恐怖があったのかまったくわからない作り。まあ、そもそも「あ”あ”あ”あ”」のこのシリーズに怖さを感じたことないから、怖いはずはないか。
ラストも、何でこんな酷い作りにしたのか理解に苦しむ、笑ってしまった。肌が粟立つ恐怖の極点、なんて、真面目に信じてる人のほうが恐怖だよ。
しかも、怨の元凶は俊雄くんのほうで、伽椰子ではないところも拍子抜けしたわ…なぜか階段を這うというなんだかよくわかんない事になっていたし。「終わりの始まり」というよりは、その逆で始まりの終わりという感じがしたなあ。
猫レンジも、それ絶対必要なんかね?
他の面子が顎ががががとか顔面フラッシュとかになってたのはわかるけど、弥生が巨大化してたのは理解出来なかったな(絵的には首スポーンなのに)。弥生の消え方はこの作品でよくあるパターンでしたね(布団覗いたら俊雄くんバア)。
肝心の俊雄くんが絶望的に怖くないんだよね、これは一作目の子のほうが良かったですわね。
そういえばエンディングの曲が内容にマッチし過ぎで、それはそれで気持ち悪かったな。鬼束ちひろか…。妙に頭に残る曲だな。
俊雄くんの白塗りパン1(パンツ1枚)の謎がようやく解けるのかと思ったら、パン1の謎は謎のままだった…。パン1で死んでたからか?