いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ジュラシック・パーク

【概略】
ひとりの裕福な企業家がDNAから恐竜を蘇らせ、孤島に史上最大のリゾートパークを建設。ところが、パーク内で恐竜たちが暴れ出し…。
アドベンチャー


.0★★★★☆
懐かしいですね~。初めて見た時は、本物の恐竜じゃないかと思うくらいアニマトロクスやCGが凄かった(当時)のを覚えてます。
ティラノサウルスに遭遇するたび「キター!」と思ったり、トイレでパクリシーンなんかのコミカルな場面も演出しつつ、恐竜達から逃げ出す様など、スリリングなシーンをも味わえる、今見ても面白い作品です。
DNAからクローン技術を使って現代に復活というのも将来ありえそうな技術でもあり、ワクワク感は増大しますよね。サム・ニールさん扮する古生物学者が初めて恐竜たちを見て驚くシーンは、私達観ている側とリンクします。いやーそれにしてもやっぱり凄い、ブラキオサウルス、ラプトル、トリケラトプス、ティラノ、その他、恐竜達の躍動感には感動ものです。

どうやって作られたのかのビデオはまるで青少年科学館かなにかみたい。生物淘汰されて滅びたという科学者の自然界のレイプという表現は合っているとは思う。これがCGだけなら良かったんだろうね。自然界の摂理は守ろうねってことかな。
初めてのティラノとの遭遇シーンはドキドキしたよねぇ!衝撃音で水が揺れるのがいいですよね。
技師の1人としてサミュエル・L・ジャクソンさんが出てたの、全然知らなかった~!