いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ジュリエットからの手紙

【概略】
婚約者のヴィクターとヴェローナへやって来たソフィ。ひとりジュリエットの家を訪れた彼女は、偶然壁の中で眠っていた50年前の手紙を見つけ…。
ロマンス


.5★★★☆☆
50年前に書いたジュリエットへの恋の悩みを綴った手紙の返事が返ってきたら?設定が素敵ですよね。若かりし時に実らなかった恋。その恋人を探すというストーリー展開は一本道ながらも、爽やかな気持ちになれる作品でした。
長い時を経て届いた手紙に後押しされて、クレアは孫のチャーリーを連れてヴェローナへやってくる。手紙の返事を書いたソフィはその彼女の手助けをする。ソフィ役にアマンダ・セイフライドさん、その婚約者ににガエル・ガルシア・ベルナルさん。
イタリアに「ロレンツォ・バルトニーニ」さんはたくさんいてなかなか見つからないのだけれど、この旅の中でソフィとチャーリーの、最初はそりの合わない2人が次第に自然に惹かれあうラブストーリーも見もの。
クレアが直前で躊躇してしまう気持ちもわかるし、再会するシーンは凄くロマンティック。2人とも老いてるのだけどだからこその年月の重みと愛が感じ取れちゃう。「愛に遅すぎるということはない」など、イタリア男性の愛への情熱が強いのって独特だよね。本物のロレンツォがまた激渋でした。
ヴァネッサ・レッドグレイヴさんがエレガントで素敵だったなぁ。こういう年のとり方をしてみたい。