いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

上意討ち-拝領妻始末-

【概略】
封建主義全盛の時代。藩主の命により、側室・いちを拝領させられる与五郎だが、ふたりは愛し合い娘をもうける。ところが藩主は、世継ぎの問題からいちを大奥に返せという。あまりに非人道的なやり方に怒ったのは、与五郎の父・伊三郎であった。
時代劇


.0★★★★★
武家社会の矛盾とその悲劇を描いた作品。

三船敏郎演じる伊三郎が、自分の人生に欠けていた「男女の愛」に打たれたことが、身勝手な上意に楯突く覚悟を決めた最大の理由である、という設定が面白い。息子の嫁として以上に惚れこんでいるかのように見えるのは、家付きの鬼妻すがを演じた大塚道子さんの好演もあってのことだと思いますが、長男の与五郎(加藤剛)と拝領された妻いち(司葉子)の恋愛ドラマが絡むというのが時代物としては一風変わった設定です。

領主の側室いちは世継ぎ候補のナンバー2を産んだ後に、伊三郎の長男、与五郎の妻として「払い下げ」られたのが事件の発端。だがこの嫁は噂と違いできた嫁だった。ぎこちないながらも愛を育むいちと与五郎。孫娘にも恵まれ幸せいっぱいの伊三郎たち。しかし、彼女の生んだ子が藩主の跡取りになると決まり、城へ戻るよう命令される…。

ある意味でわかりやすい、悲劇。そのやりかたがまた武士道にも劣る卑劣なやり方です。あまりにも理不尽な事には決して屈しないと決めた親子。

しかし、強気に出ていた藩も、事がおおっぴらになれば大事になるからと、いちを人質にすることにして、うまく事をおさめようとするも、いちは側用人らのスキをついて自害してしまうんですね。
与五郎も、証拠隠滅を目論んで襲いかかってきた役人たちのなか、いちの遺骸をかばって亡くなってしまう。
藩でも一、二を争う剣の使い手である伊三郎は、孫娘を連れて江戸に活路を見出そうとしますが、そこに立ちふさがるのが仲代達矢演じる剣友の浅野帯刀。心は通じながらも剣を交わさざるをえなくなる二人。

この緊張感たるや、ブレない凄みがあって勝負は一瞬だけれど密度が凄く濃厚でした。やはり、三船さんは毅然とした姿がかっこいいですね!しかし、鉄砲には勝てず憤死してしまう。
ラストに乳母役の市原悦子さんが赤子を抱きしめ佇む姿が印象的でした。
人間性を踏みにじろうとする藩側の行為に憤する親子の感情の高鳴りたるや、なんともわかりやすい。個人的には同監督なら圧倒的に「切腹」のほうが出来がいいと思うが、これも味があってよい。