いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

植物図鑑 運命の恋、ひろいました

【概略】
さやかはある日、行く当てのない青年・樹と出会う。そして、ひょんなことから半年間、彼を家に住まわせてあげることになり…。
ロマンス


.0★★★☆☆
名前しか知らない、あなたを好きになってもいいですか?
青年を拾うって、なんか見たような設定だなあ…「君はペット」か?
高畑充希さん主演の恋愛映画です。これをピュアといっていいのかどうなのか不安ですが、男女のドロドロ感はあんまりありません。ただ相手の男性役のかた、笑顔のドアップが多いので、ああ演技の出来ない方なんだろうなあ…とさらっと読めてしまうのでその辺が微妙でした。
はじめはただの同居人のように接していたさやか。野草の好きな青年、美味しいごはん、うーん確かに癒される。けど、恋に気付いてしまってそれを伝えたらこの関係も崩れちゃうの?そう思いながら生活していく。
実は男は有名な華道家の跡取り息子で、のちに自分の道をみつけて写真家としてデヴューするんですが、それはさやかと出会った事で半端な自分はダメだと思った自立でした。
知らない男性を家にいきなり入れるとか、シャワーOKとか、普通はありえない。そうリアリティはない。要は若い女の子向けのファンタジーで、イケメンが自分のもとにいつかやってくるという願望と、嘘みたいなハッピー・エンドが待っているという現実離れした作品であります。
30代の私には、嘘くさい話にしか思えなかったし、キュンもなかったんだけど、料理できない私はさやかと同じに美味しいごはんにはつられるかもしれん、とは思った。
つまりは、料理してくれる男子いいな~!って事で…。男性も女性も胃袋掴まれると弱いと思うぞー。