いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

処刑女

【概略】
閑静な郊外に家を購入したローリーとヒューに衝撃の都市伝説が告げられる。それは、近所の荒れ果てた廃校で大量殺人があり、生き延びた犠牲者が潜んでいるというもので…。
ホラー


.0★★☆☆☆
最新VFXで描かれる、殺戮シーンのオンパレード!(暗くて何も見えません…)
一世を風靡したスリラー映画のヒット・ジャンル“スラッシャー《惨殺》"復活!(暗くて何もみえません…)
こいつは酷い^;はっきり、丁寧に見せるべきスプラッター部分が、一瞬しかも暗くて見えないっていうんだからお笑いですわ。なにが処刑ですか。
家を買ったので、お祭り気分でその家を汚すようなパーティーなんか、日本人はやらねえぞ。陽気に幼稚すぎるだろう、アメリカ人。ストーリーは無難ともいえず、つまんなかったというのが正しい。
殺人鬼は(近所の寄宿学校でかつて一人の女子生徒が「彼」に悪い行為を受けてた。ある日、彼女は「彼」を殺した)トラウマで精神を病んでいるのはわかるのだけれども、結局全員殺しました、で終わっちゃうから、色々な謎がとけないで中途半端。無駄なシーンばかりでグダグダしています。
私の一番の不満はですね、鉤状のものがついた武器、これがでてきたときに、人皮がベロンするんだなってワクトキしたんですよ。…微妙だったじゃねーかよ!!!なんかラストの撲殺シーンだけリアルに撮っても。
処刑女さんのビジュアルがなかなかいいだけに、巧いこと動機付けられなかったこととか、見せ場が暗いのばかりなのとか、残念すぎなんです。