いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

処刑人

【概略】
ボストンの路地裏でマフィアの惨殺死体が発見される。FBI捜査官スメッカーは、自ら“神の使い”と称するマクマナス兄弟を執拗に追い詰める。しかしそれを嘲笑うかのように、今度はマフィアの幹部9人を秒殺。身の危険を感じたマフィアのボスは、神をも恐れぬ凶悪な殺し屋を解き放つ。止まぬ銃弾。血の制裁。烈火のごとく激しい銃撃戦の幕がついに切って落とされた!
アクション


.5★★★☆☆
マクマナス兄弟がとにかく格好いい!
神への祈りと共に、悪党ども(主にマフィア)を吹っ飛ばす。理不尽な暴力に喘ぐ人々のため、私刑を敢行。善悪は紙一重だけれど、揺るぎない信念をもっている。
ウィレム・デフォーさんの怪演もまたいいですね、まさか女装するとは思わなかったし、的確な推理力で兄弟を追っていく。あれほど細かなプロファイリングをしながら肝心なところが抜けてるのもまた良し。

撃ちあいシーンでもマクマナス兄弟には全く当たらないのも神のご加護?でしょうか、ロープで回転しながらの襲撃も面白かったですね!
思いっきりシンプルな話にスピード感が乗っかって、コミカルな気持ちいいB級アクションになってる。「後から解説するデフォー」という構図もそれに一役買っています。「このオッサンかなり切れるぜ」という作中台詞が違う意味で合っている様。デフォーのインパクト大。
ノーマン・リーダスさんといえばやはりこれでしょ~。