いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ビー・デビル

【概略】
ソウルの銀行に勤める独身女性ヘウォンは、トラブル続きの都会生活から逃れるように、子どもの頃に暮らした思い出の島にやってくる。そこは、たった9人の住民が暮らす絶海の孤島であった。彼女を出迎えたのは、生まれてから一度も島を離れたことがない幼なじみのキム・ボンナム。人なつっこい笑顔でヘウォンの帰郷を喜ぶボンナムだったが、その表情の陰には、地獄のような苦しみに耐えてきた日々があった。
スリラー


.0★★★★★
いやぁ、ようやく観れました^;観れるようになる経緯がまた大変でした。
「チェイサー」で悲惨な末路を遂げる役柄だったソ・ヨンヒさんが、一転、田舎の泥臭い女性を演じています。このソ・ヨンヒさんがまたとんでもない演技をみせてくれました。
このボンナムは、村の老人たちにはこき使われ、夜は義弟の慰みもの、夫からの暴力も日常茶飯事で、ついには娘も夫に性的虐待を受けていたという悲惨な状況のなか生きている女性。一方都会から帰省してくる幼馴染のへウォンは、都会人にありがちの「事なかれ主義」をもうちょっとつきつめていった感じの女性でした。冒頭の警察での一件や銀行でのやりとりなんかからそれがわかります。
何が素晴らしいって、後半のボンナムが太陽にジリジリとやかれて、ふとその狂気が発現する様、それから哀しい事にこの2人の間にある精神的矛盾、愛情と友情。
ボンナムが本当に絶望したのは、娘を亡くした事でもその死を村の皆が事故だと言い張った事でもなく、憧れであり、いつか連れ出してくれるであろうと思っていた相手へウォンの一言だったんじゃないでしょうか。いつもの事なかれ主義に徹したヘウォン、その言葉に。
鎌を手に取りボンナムは次々と島の人間を…。悲惨な現実が、彼女の現実が重なった瞬間だったと思う。逆光で黒くみえるボンナムの姿が、まさに悪魔のように見えてしまうが、本当の悪魔はそこにはいない。ただ、1人痴呆の老人だけは手にかけなかったあたり、単に内なる狂気が爆発したようには思えない。彼女は厳しい現実にやっと立ち向かったのだと思う。
ラストは憎しみと悲しみと切なさが入り混じった感情が溢れ出てきていて、しかも横たわったヘウォンの姿が無島と重なるのは印象的でした。しかしほんと韓国のバイオレンス描写は凄絶!
監督さんは長編デビュー作だったとのことですが、全くそうは思えない。韓国映画の力技をまたもみせてもらった。