いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

次郎長三国志

【概略】
祝言をあげたばかりの妻、お蝶を残し、渡世修行に出かけた駆け出し博徒、次郎長とその子分たち。 旅を重ねるうちに、次郎長の男っぷりに惚れたヤツらが、次々に仲間に加わっていく。 やがて東海道中にその名を轟かせるようになるが、立ちはだかる敵も増えてくる…。
時代劇


.0★★★☆☆
いやぁ~~ッ粋だねえ!おぅおぅおぅ、渡世の侠客、清水の次郎長親分でぃッ。なーんて。
次郎長親分といえば、大政、小政、森の石松、その他一家面子も有名ですよね。やはり森の石松が愛されキャラだと思うんだけど、むむ、石松が温水さんかぁ…(´・ω・`)と思ったらば、意外といけてたわ。大政に岸部一徳さん、法印の大五郎に笹野高史さん、森の石松が温水洋一さん、追分政五郎(小政)に北村一輝さんと、豪華な一家だよ~~!対する黒駒の勝蔵が佐藤浩市さん。石松の仇である三馬政は竹内力さんでした
最近のエンタメ重視の時代劇ではなく、ちょっと昔風の作りで、私は好きですね~懐かしい感じ。前半の立ち回りでのチャンチャンバラバラ具合はちょっと気になったけど(あともう少し口上が聞きたかった)、そうはいっても「行けー石松ー!熊吉うしろうしろー!」みたいな気持ちにはなりました(笑)しかし北村さんは本当に時代劇が似合うね~殺陣もいけますしね。
一家を立ち上げ男をあげて相撲の興行を開くが、ライバルである黒駒の勝蔵の邪魔や、興行主の裏切りなんかにもあい、絶対絶命のピンチに陥った次郎長親分。義兄弟の佐太郎になんとか救われるが恋女房のお蝶が病にかかり…。
江戸っ子の大好きな「義理と人情」の物語です(時代は幕末明治ですけど)。あんたの男っぷりに惚れた!という男衆も格好よいんですけれどもね、なにせ、おなか、おその、おきんなんかの女衆がまた良いんですわ(鈴木京香さんのお蝶は微妙かと思いますが)。
後半はお蝶と次郎長のエピソードが多くちょ~~っとダレました、特に次郎長ファンってわけじゃないけれどもさ、出来ればやはり子分衆との熱い絆とかエピソードのほうをみたかったかな~。
大政の岸部さんはさすがの貫禄、石松に鬼吉と綱五郎もよかった。特に鬼吉の父母とのエピソードは非常によかったように思う。
都鳥兄弟を相手に大立ち回りをして壮絶な最期を遂げる石松のシーンはなかったです、残念。…というか結局大きく黒駒の勝蔵と絡むシーンもなく、夫婦愛が中心になってます。
作品としてはこれがというものはないにしても、次郎長なんぞや、なんて方にもわかりやすい万人向けの作品だと思います。