いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド

【概略】
外壁修復作戦に出発したエレンたちは、巨人の急襲で窮地に陥る。“人類最強の男”シキシマによって危機を脱するが、手負いとなったエレンは、アルミンを庇って巨人に飲み込まれてしまう。
アクション


.0★☆☆☆☆
実写化アクションの後編。
いやあ…やっぱりこの実写化みるならアニメ総集編みたほうがいいわぁ(アニメ第一部総集編2作とも記事なし)。
この後編は、まるで怪獣映画でした。(映画の方向性がよくわからん)シキシマ巨人だって予想の範疇で驚きが全くないし。
ソウダさんの「おまえの兄さん…」でだいたいの話は理解できましたね。白い空間でホモ臭い二人が笑えた。
その後の展開も、新鮮さというか驚きが全くない。ああ、ある意味ラストの中途半端感が驚きといえば驚きか。凄い安直な作り。スケールがちっせえ。
石原さとみさんだけがキャラになりきりすぎてて痛い。
なにがいけないって、まあ色々多いけども、話が薄いんですよ。これこそ前後編にわけるべきじゃない話。特にシキシマが、物語のカギになるくせにその野望が薄っぺらく、「内側の政府を倒しにいくんだ!ハハハハ」というのが(笑)
疑問が最後まで晴れない。メインビジュアルというべき一番でかい「超大型巨人」、あれが主管だったなんてな。
「なに、これ。」
これがほとんどの人の感想だと思うわ。確かにこれに比べたら前編はまだ面白かったような気がしてくる…。ここまで酷いと、悪意を感じさえするわ。