いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

デスドール

【概略】
父親から小さな古い機械仕掛けの箱を相続したベンは、その箱がオカルト信者として有名な天才技術者によって造られたブードゥー呪術を駆使した道具だと知り…。
ホラー


.5★★★☆☆
犯人の動機づけは弱いとは思いますが、これ意外と面白かったよ!
主人公ベンとその兄マーカス、ベンのガールフレンドのメアリーとが盗まれた箱を持つものを探すというストーリー展開になっています。
遺産の残りであるこの不気味な箱を相続し、友達に見せた後、箱は消えていた。その後ルーベンスタインのブードゥーの呪術を利用して作られた復讐用の道具だと知った時にはもう遅く、ベンの友人達が次々と不可解な死をむかえていきます。
人形を破壊する事によって相手にダメージを与えるもの…日本人にはわかりやすい牛の刻参り的なやり方ですね。
兄マーカスが鑑識のカメラマンだったのが幸い、事件に深く係わる事が出来るのがまた良かったです。
序盤で撮った写真がまた重要で、この写真から切り取られて呪術に使われてるんですね。またこの中に犯人がいます。
真犯人の目的は親の復讐。しかし直接本人にではなく友達からじわじわと…いやらしいわぁ。それまで影の薄かったヒロイン・メアリーの機転でラストは助かる。
兄がいなかったらベンだけじゃ解決できなかっただろうな^;話をひっぱるのは常に兄貴でした。兄弟の絆も戻って大団円です。