いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

シンデレラ

【概略】
過酷な状況の中でも勇気と優しさを忘れないヒロイン・シンデレラが生み出す“奇跡の愛"を圧倒的な映像美で描き出す。
ロマンス


.0★★★★☆
誰もが知っているおとぎ話「シンデレラ」をロマンティックにゴージャスに実写化、監督はケネス・ブラナー。ディズニー印だしケネスなら変なの撮らないだろという妙な安心感(誰もが知っている…からこそ、手を抜けないというのもあるけどね)。
でも私はどちらかといえば、白雪姫のほうが思い出深い。寝る前のお話担当は父だったのですが、いつも白雪姫で、しまいには「かがみよかがみ、かがみさん。世界で一番美しいのは誰?」と私と弟に言わせてキャッキャしてたという記憶がありまして。そういう意味ではシンデレラにはそんなに思いいれはないかなあ。
亡き母の「勇気と優しさを忘れないで」と言う言葉を忘れずに、聡明で美しく育ったエラ。そんなある日父が再婚し、継母と継姉たちが出来る。しかし父親は死んでしまい、残されたエラにはつらい仕打ちが…。
本作では鹿を追った王子が森の中でエラと出会うのです。

舞踏会のダンスは御伽話そのものの世界で、うつくしい~~~~。ひらっひらのドレスがブワッと広がるのです。女の子なら憧れる世界観。その後はお決まりの展開へ…。
王子がかっこよかった。美しく淑やかなシンデレラに凛々しい王子、ピッタリの配役だったと思います。王道の物語ゆえの面白さがありましたね!
ところであのドレス。ちょっぴり手を加えたなんてものじゃなかったですよ(笑)


アナと雪の女王のミニストーリーも楽しかった。
エルサが可愛くてねー。